支援が必要な人々への活動

SDGsの達成目標

1 障害のある方の自立支援

就労支援セミナー

障害のある方のアートを仕事につなげるNPO団体「エイブルアート・カンパニー」協力のもと、2009年から「身だしなみと基本のスキンケア&メイク講座」をスタート。

スタート:2009年12月~
実施回数:146回
参加者累計:1,902名 ※2023年3月末現在

アート作品を使用

毎月発行するハーバー会員情報誌の表紙に、2007年10月よりエイブルアート・カンパニー所属アーティストの作品を採用。

雇用促進(本社・物流・農園)

障害のある方の積極的な雇用をすすめており、現在では雇用率2.33%となっています。(2023年6月末現在)

2 病院・高齢者施設での
メイクサービス&スキンケア
アドバイス

「自分本来の魅力に気づき、前向きな気持ちにさせる」メイクの力に着目。2010年より、がん研有明病院の入院患者さん、高齢者施設の入所者のみなさんを対象に、メイクサービスやスキンケアのアドバイスを続けています。HABAのメイク品がミネラルカラー(無機顔料)・無添加・無香料で、肌感覚や嗅覚が敏感な闘病中の方にも安心してお使いいただけることが、病院でのメイクサービス実現につながりました。

高齢者施設におけるメイク会

スタート:2010年10月~
実施回数:309回
参加者累計:3,193名 (オンライン講座含む)※2023年3月末現在

患者さんへのメイクサービス
(がん研有明病院、札幌医科大学附属病院)

スタート:2010年9月~
実施回数:199回
参加者累計:1,409名 ※2023年3月末現在

3 学校・企業向け身だしなみセミナー(美容 / ビジネスマナー / 面接対策)

就職活動中の高校生や大学生を対象に、2010年より「身だしなみ・メイクセミナー」を実施。美容知識だけでなく、身だしなみや心構え、挨拶などを盛り込み、「社会人としての第一歩」の準備をサポートしています。会社訪問や面接など、場にふさわしいマナーやメイクを学ぶことで、不安が和らぎ、自信に満ちた表情を見せてくれるようになりました。

スタート:2010年4月~
実施回数:75回
参加者累計:3,785名 ※2023年3月末現在

4 こどもの未来支援

子供の夢が貧困を理由に絶たれてしまわないように、子供の輝く笑顔と未来のために、内閣府などが推進する「こどもの未来応援国民運動」を応援しています。

子供支援

NPO法人全国こども食堂支援センター「むすびえ」を通じ、ハーバー農園で栽培、収穫した野菜を定期的に「ふなばし子ども食堂ネットワーク」の子供食堂へ提供しています。

こどもの未来応援基金

内閣府などが推進する「こどもの未来応援国民運動」の一環である「こどもの未来応援基金」に参画し、直営店、本社、グループ会社など約20ヶ所に募金箱を設置しています。

「こどもの未来応援基金」寄付付き『UVキッズジェル(日やけ止め)』限定販売

『 UVキッズジェル (こども用日やけ止め)』の売上の一部を「こどもの未来応援基金」に寄付しています。